2017年8月27日日曜日

BT5-2017/7/2

こんにちは〜スタッフのりょーすけです。

BRAVE TRANS、5回目を7月2日(日)に開催しました!今回は高校生4人を含めて全部で15人の参加がありました!すげー!というわけで、内容を紹介します〜。

☆☆☆

BT5-2017/7/2

5回目の今回は、高校3年生、やんちゃんがゲストでした。初めての高校生ゲスト! やんちゃんは18歳の高校3年生、FTMよりのX、たぶんパンセク、だそうです。

小学2年生の時に、男子の友達に憧れてイケメン男子になろうとして、うまくいかなくてあっさりあきらめたやんちゃん、高学年で中二病を発症(笑)。自分は両性なんじゃないかと思ったそうです。 実際の性自認はあまり覚えてないとのことですが、小6の時にテレビで性別適合手術を受ける人のドキュメンタリーを見て、ふと自分も受けたいと思ったとのこと。ここで性自認が本格的に揺れ始めたけど、卒業式の女の子らしい服装は別にイヤではなかったとのことでした。

中学生になって、スラックスをはきたい気持ちを抑えて、スカートをはいてたやんちゃんですが、しばらくしてズボンに変更したらしいです。女扱いをされることに凄まじい嫌悪感を抱いても、男になりたいわけでもない、どっちつかずの状態が嫌になってすごく悩んだそうです。 中1のときに、ネットでLGBTやXジェンダーのことを知ったそうですが、多少は楽になったものの、まだセクシュアリティは不安定で、隠していたわけではないけども、あまり公表してもいなかったとのことでした。 中2の時には、一人称が「俺」になり、中3までにXだという自覚をもって、女の子の格好はしないようになったそうです。

高校は制服が嫌だったので、私服の高校に入学。入学2日目にして担任にカミングアウト、周りにもなるべく把握してもらえるようにちょくちょく言ってたとのこと。「どんな風に把握してもらってたの?」とりょーすけが聞くと、「『女の子だもんね』って言われたら『いや俺男だから』って答えるみたいな」とのことでした。担任だけでなく、教科担の先生にもカムアウトしていました。

高校2年になってセクシュアリティが、MよりのX、バイかパンセクかな、というところで安定してきたそうです。一人称も「俺」「わたし」「自分」とそのときの気分で変わるようになったとのこと。そして高3になった今年の6月、学校の小イベントで初めて、セクマイについての講演をしたそうです。LGBTとはなにか、などの話を30人ぐらいの前で話したそうです。すごいですね〜。 

☆☆☆

というわけで、やんちゃんの話を聞いた後は、みんなで自己紹介やいろんな話をしました。15人いたので、2つのチームにわかれて、たまにシャッフルしたりして、わりとゆるめに話しました。終わった後はみんなでカラオケに行ったりご飯食べに行ったりしたみたいですよ〜。そういうのも楽しいですよね。

☆☆☆

さてBRAVE TRANS、10代20代のFTM/X、「女性」であることに違和感がある人なら誰でも参加できます。
次回は、来週日曜日、9月3日(日)14時から17時まで、いつもの「7丁目のママ(南5西7第一ファミリービル1階・電車通りローソン向かい)」をお借りして開催します!
参加費500円(高校生以下300円)です。事前申込はいらないので、直接会場へ来て下さい。飲み物はありますが、お菓子とかはあんまりないので、持ってきてくれたらうれしいです〜。
ライフヒストリーを話してくれるゲストは直也くんです!次回も参加よろしくおねがいします〜。

*9月3日の次の開催は未定です。早いうちに告知を載せますね。